地区社会福祉協議会等活動の推進・支援

◆地区社会福祉協議会等活動の推進・支援

▽地区社会福祉協議会とは

地区社会福祉協議会(地区社協)は、地域住民がお互いに協力し地域の福祉課題を解決することで、誰もが安心して暮らせる「福祉のまちづくり」を目指す、任意の住民組織です。

魚津市では、公民館を単位に13の地区社協が平成元年から相次いで設立されました。
いずれの地区社協も地区住民の皆様を会員とし、地域の各団体・個人と協働で、それぞれの地域特性を活かしながら、さまざまな地域福祉活動をおこなっています。
当協議会(市社協)では、地区社協の活動への財政支援をはじめ、情報提供、地区社協相互間及び市社協との連絡調整などの支援をおこなっています。
また、一つの地区で対応できない福祉ニーズや、各地区が共通して抱える問題は全市的な福祉課題として、行政や関係機関などと協力して解決を図ります。

少子高齢化や核家族化など、福祉を取り巻く状況は近年大きく変化しています。
このため、できるだけその地域に合った方法で、よりきめ細やかな福祉を進めることが求められています。
身近な福祉をみんなで支える地区社協の活動に、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。