ひとり暮らし高齢者給食サービス事業

【事業の目的】

ひとり暮らしの高齢者に対し、おいしい食事を提供することで、住み慣れた地域において自立した生活が送れることを目的としています。

調理の様子お弁当

 

 

 

 

 

 

【利用できる方】

上中島、上野方、経田地区のいずれかにひとりでお住まいの概ね65歳以上の方。

民生委員や地域のボランティアなどを通して皆様の元へ月2回、昼食弁当をお届けします。

※利用をご希望される方はお近くの民生委員にご相談下さい。

手作りの台紙

 

 

 

 

 

 

配達の様子

 

 

 

 

 

【利用料金/配達日】

一食200

上中島地区…毎月第24土曜日

上野方地区…毎月第24金曜日

経田地区…毎月第13土曜日

【平成28年度における調理ボランティアグループの実績】

上中島地区…451食(年間24回活動/1回あたり19食)

上野方地区…266食(年間21回活動/1回あたり13食)

経 田地区…672食(年間24回活動/1回あたり28食)

三地区合計…1,389

 

 

 

【その他】

調理ボランティア研修会

地域にお住まいのひとり暮らし高齢者の方々へ安全かつおいしい食事が提供できるように、調理ボランティアを対象とした研修会を年2回開催しています。

研修会-講義研修会-調理実習

 

ひとり暮らし高齢者給食サービスに関するアンケート

調理ボランティアからの意見(H28.9 アンケートより抜粋)

・調理後の達成感が自分自身の喜びに繋がっている。

・好きなことをしながら、人の役に立てていることが素直にうれしい。

・地域の中で役割を持てていることに意義を感じる。

・皆で集まって、いろいろな話をするだけで元気が保てる。

利用者の言葉や反応

・いつも、おいしいお弁当を楽しみにしている。

・暑いときも寒いときも弁当を届けてくれて感謝している。

・小学生からの手紙を「繋がり」として待っていてくれる。

 

ひとり暮らし高齢者給食サービス事業は、ひとり暮らし高齢者への食事提供以外に、地域における役割の創出、小地域ネットワークにおける実践的活動、世代間交流を通した福祉教育など様々な意義を持っています。社会福祉協議会として、地域における生活がより一層充実したものになるよう皆様の声を拾いながら支援を行っていきたいと考えております。

カテゴリー: 地域福祉   パーマリンク